ニキビを治すには刺激を与えない事が大事

  • 早めに治療をしたいニキビ

    • ニキビは、できてしまいますと見た目としてもとても気になるだけではなく、痛みも伴うこともあり、早めに治療をしたいものです。



      自分でできる治療としては、ドラッグストアなどでニキビ治療薬を購入し、薬を塗っていくという方法が一番手軽です。



      しかし、ドラッグストアで売られている薬よりも、医師に処方してもらう薬の方が効果が高いですし、膿を取ってもらうこともできますし、内側から治すということで抗生物質を処方されることもあります。

      より早くキレイに直すことで、跡になりにくいというメリットもありますので、できれば皮膚科などを受診してニキビ治療を行うことが理想的です。



      治療においては、保険も適用となる項目ですので、料金もあまりかかりません。



      ニキビ跡になってしまって、それを治療するということになりますと、保険が適用にならないこともありますので、できれば跡に残らないような治療を受けておくということが望まれます。



      医師による治療を行うことで、跡になりにくいですし、早く治りますのでおすすめです。



      もし跡になってしまったということであれば、美容皮膚科などでレーザーをしたり、レチノイン酸などを使っていき、治療をすることもできます。



      ニキビの主な原因は毛穴につまった汚れであり、炎症を起こしてしまっている状態です。


      ですから、洗顔をきちんとするということはとても大事ですし、脂性肌の方はオイルカットの化粧品を使うということも対策として有効です。



  • 関連リンク

    • 私は今まで二回ニキビに悩まされた時期があります。一度目は、高校生になって半年ぐらいしてからです。...

    • ニキビは皮膚上に発生するできものの一種で、多くの場合は若年層によく見られる疾患です。表皮に付着している皮脂や垢などの汚れが毛穴に詰まり、赤く変色して膨れ上がるのが一般的な症状です。...